中学偏差値情報TOP > 茨城県中学偏差値ランキング

2017年・茨城県
国公立・私立中学偏差値ランキング

<~60>
江戸川学園取手中[東大]70
江戸川学園取手中[難関]68
並木中等教育学校63
茗渓学園中学校61
日立第一高校附中学校60
水戸英宏中学[医歯薬]60





<59~50>
茨城大学附属中学校59
常総学院中学校[AD]59
清真学園中学校59
茨城中学校57
常総学院中学校[ST]57
古河中等教育学校55
土浦日本大中等教育学53
東洋大附牛久中学校52
水戸英宏中学校[グロー]52





<49~>
智学館中等教育学校49
茨城キリスト教学園中48
北浦三育中学校48
聖徳大取手聖徳女子[進]48
聖徳大取手聖徳女[音]48
霞南至健中学校47





※数値は、複数の偏差値データから割り出した概算値です。合格難易度のおよその目安として下さい。



全国・都道府県別
中学偏差値ランキング 2017



中学受験Q&A


Q. 合格できそうな1校は選んでおくべきですか。


中学受験の場合には、たとえ志望校すべてに不合格であったとしても、地元の公立中学校には入学できます。行きたくもないのに「合格」のみを追いかけることは、あまり薦められません。

進学塾の進路指導で「合格有望校」の受験をすすめるのは、中学入学後の学習意欲にかかわるからと考えられます。

中学入試をめざしての学習は、たとえ結果が不本意なものであったとしても、中学生になって大いにプラスに作用します。

実際、公立中学校の成績最上位層のかなりの部分が中学入試経験者によって占められているというデータがあります。それだけ、勉強の基礎と学習習慣が定着していると考えられます。

合格したのに入学しなかったとしても、「合格」の事実は、中学受験をした自信となるかもしれません。


続きはこちら・・・
中学受験Q&Aまとめ